EVS31:第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会


今回は、2018年10月1日~2日にかけ、神戸コンベンションセンターにて開催された『EVS31:第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会』で気になったものをご紹介します。

※9月30日は、台風24号の影響により、展示会が中止になりました。

会場入り口前では、KOBE COOL CHOICE(神戸クールチョイス)運動が行われていました。神戸市の不法投棄などを調査する車両(環境パトロール車)に三菱自動車のEV「i-MiEV」が利用されているとのことです。

会場前では、EV・PHV・PHEVの試乗のため、車両がたくさん並んでいました。試乗できる車両は、下のボードに載っているものでした。

今まで、当ブログでご紹介した記事は、大多数が海外の展示会だったため、今回は「日本開催だからこそ出展されるメーカー」を基本にご紹介します。

 

まず初めは「YAMAHA(ヤマハ)」です。バイクや楽器(ピアノ・ギターなど)などで知られるメーカーです。

一際、目を引いたのは、コンセプトカーのEVです。こちらは、車両底部に設置されたカメラで撮影した路面画像とマップデータベースの情報とマッチングさせ、位置や姿勢情報を取得し自動運転させるものです。※ちなみに、ヤマハはFRP(樹脂)技術が高く、プールやモーターボートなども製造しています。

もちろん、電動バイクもあります。

 

こちらは「TAJIMA(タジマ)」のEVです。2013年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムではEV部門で優勝した、言わば世界最速のEVスポーツカーの称号を得たメーカーです。

その他にも、小型電動バスや最近、少しずつ話題に出始めた、超小型モビリティなどのプロジェクトが進行中。

 

次は、変圧器などで知られている「ダイヘン」です。2プラグタイプで充電待ちのストレスを解消できる商品と、先程のTAJIMA(タジマ)EVの超小型モビリティ「TAJIMA-JIAYUAN(タジマ-ジャイアン)」に対してワイヤレス(無線)充電システムが展示されてました。

 

次は「SIGNET(シグネット)」の2プラグタイプの充電器です。世界的に普及が始まりつつある超高速充電器です。展示品はCHAdeMO(チャデモ)とCCS(コンボ)の組合せで異なる規格にも対応できるものです。

こちらは、50kW出力の充電器です。例えば、25kWづつで同時に充電できたり、50kWで順次に充電できたりと設定を変える事ができるとのことです。設置場所の特性に合わせることができます。

 

次は「Webasto(ベバスト)」です。ドイツ発祥のサンルーフやヒーターが主力でVOLVOに充電器を供給しているようです。

コンセントに取り付けるタイプの普通充電器が展示されていました。毎回、車載ケーブルを取出す必要が無くなります。

 

次は「TGMY」です。車両電動化に対して、様々な視点から研究・開発・イノベーションを行っている企業です。クラシックカーのボディデザインを有効活用して、450km以上の長距離走行が可能なEVなどがあります。

こちらは貨物用のEVミニカーで、120kgの積載や200リットルの保冷ができる車両です。

 

次は「ブルーテクノ」の電動スクーターです。80kg積載可能で約50km走行可能。燃費は約10分の1です。

充電は、100V/200V両方で出来るそうです。

 

今回は、「EVS31」の展示会で普段、なかなか見られないものを中心にご紹介しました。2018年10月2日には、マツダがEV投入を正式発表し、5月25日にはSUBARU(スバル)までもが投入計画があるとの報道。今回、ご紹介した大中小のベンチャー企業も含め、さまざまなニーズ、分野に対して電動車両化が技術が進んでいます。

 



あわせて読みたい