【充電スタンド運用開始情報】道の駅 銀の馬車道・神河


今回は、2018年に4月29日に充電スタンドの運用を開始した「道の駅 銀の馬車道・神河」をご紹介します。
兵庫県神崎郡神河町にある道の駅 銀の馬車道・神河は、兵庫県のほぼ中央に位置し、中播磨地域で初となった道の駅です。2017年4月に日本遺産に認定された、姫路・飾磨港から朝来市・生野鉱山をつなぐ日本初の高速産業道路とされる「銀の馬車道」(国道312号)の沿線にあります。車でのアクセスは、播但連絡道「神崎南ランプ」より約8分です。

日本で初めて築かれた高速産業道路「銀の馬車道」は、日本で最初に「舗装」という概念をもって作られた道路です。明治時代の幕開けとともに、欧米列強に追いつけ追い越せと、若き日本が挑んだ前人未到のプロジェクトでした。最先端の土木技術によって作られた馬車道は、生野鉱山の物資の他にも、鉱山開発における知識や情報、お雇い外国人がもたらした西欧の生活文化など、時代の潮流を運び続け、沿線は大いに栄え賑わいました。

現在は播但道路や国道にその姿を変えましたが、今でもこの馬車道の界隈には往時の繁栄を彷彿とさせる地域が多くあり、あぜ道や馬車道修築の碑、橋、道標など、道中にはかつての面影が残っています。誕生当時の役割を終えてなお、時代を全力で駆け抜けた人々の輝きを、時を超えて現在に伝えています。

道の駅 銀の馬車道・神河のアンテナショップでは、地元の高齢者がお茶やおはぎ、七輪焼きのおかきなどの特産品の味わい方や、地域の名所を紹介しています。また、田舎暮らしを体験できるイベントなどを紹介する情報提供コーナーや、地元を巡るレンタサイクルもあり、田舎の魅力を広くPRしています。

充電スタンド情報

道の駅 銀の馬車道・神河
【場所】兵庫県神崎郡神河町吉冨88-10
【TEL】0790-32-2837
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】年中無休
【ホームページ】http://www.kanzakifood.com/store/


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい