【充電スタンド情報】道の駅 マキノ追坂峠(滋賀県高島市)


今回ご紹介するのは、『道の駅 マキノ追坂峠(おっさかとおげ)』です。道の駅がある高島市は、琵琶湖の西部に位置する滋賀県第二の都市。マキノ町・今津町・朽木村・安曇川町・高島町・新旭町の5町1村が合併し、高島市となりました。この『道の駅 マキノ追坂峠』は、マキノ町海津の国道161号線の道の駅として2004年から営業しています。また、高島市により「広域避難所」にも指定されています。国道161号線は、福井県敦賀市と滋賀県大津市を結ぶ道路で、交通量も多く、この道の駅を休憩場所として多くの方が利用されています。

『道の駅 マキノ追坂峠』の名物は、マキノ特産「原木椎茸(げんぼくしいたけ)」。先週に引き続き、充電スタンドの設置場所がシイタケの名産地【充電スタンド情報】美郷町役場 本庁 / 諸塚村 中央広場(宮崎県東臼杵郡)でご紹介した美郷町や諸塚村もシイタケの名産地)となりましたが、こちらも負けず劣らず香りが良く肉厚。レストランも併設していますので、お昼休憩に地元食材を味わうことも出来ます。他にも構内の農産物・加工品直売コーナーでは、地元産の朝どれ新鮮野菜を販売、お手頃価格で手に入ります。また、『鯖街道』沿いということもあり、鯖のお寿司やお弁当が大人気!そして、施設内にある『里山パン工房』の米粉パン!地元マキノ産のお米を自家製粉して作られたパンが並びます。旅のお供に!お土産に!

さて、エネショップ充電器ですが、駅舎に向かって右側に設置してあります。冬は積雪が多い場所なので、充電器は物置に収納されています。シャッターを開けてご利用ください。

琵琶湖の眺めも勿論ですが、周辺には自然体験交流施設に指定されている『マキノ高原』があり、高原に向かう県道287号線 小荒路牧野沢線(高島市マキノ町寺久保)の「メタセコイア並木」は新緑、紅葉ともに見所です。また、これからの季節、「日本のさくら名所100選」にも選ばれている『海津大崎の桜(高島市マキノ町海津)』が見ごろを迎えます。お花見やドライブついでに、ぜひ、『道の駅 マキノ追坂峠』へお立ち寄りください。

 

道の駅 マキノ追坂峠
【場所】滋賀県高島市マキノ町海津897-27
【営業時間】9:00~18:00(但し、季節延長有り)※EV充電器は24時間ご利用いただけます。
【定休日】毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は営業)、年末年始 ※EV充電器は年中無休です。
【連続営業期間】桜開花期~GWシーズン(4月~5月上旬)・夏休みシーズン(7月下旬~8月)・メタセコイア並木紅葉シーズン(10月-11月)
【ホームページ】http://ossaka-touge.com/


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい