【充電スタンド情報】道の駅 朝霧高原(静岡県富士宮市)


今回ご紹介する充電スポットは『道の駅 朝霧高原』です。静岡県富士宮市の北部、富士西麓に広がる「朝霧高原」は冷涼な気候で人気の避暑地。朝に霧が多く発生することからこの名がついたそうで、このエリアは『富士箱根伊豆国立公園』に指定されています。このエリアを走る国道139号沿いにあるのが『道の駅 朝霧高原』。富士山を訪れる観光客が立ち寄る道の駅として有名で、ここから望む富士山は、環境省が2017年に公開した『富士山がある風景100選』に選ばれる展望スポットです。駅舎の裏手にある階段を上ると展望スペースは富士山の撮影スポットです。

この道の駅には、情報コーナーや憩いのスペースはもちろん、朝霧高原ならではの牛乳・地酒・ハム・ソーセージ類が所狭しと並ぶ特産品販売コーナーや、地元の新鮮な朝どれ野菜などの直売所、雄大な富士山を間近に眺めながら食事が楽しめるレストラン、朝霧の食材を使ったソフトクリームが味わえるアイスクリーム工房などの施設があり、多くの観光客で賑わいます。

朝霧高原エリアには、牧場・キャンプ場・ゴルフ場、そしてパラグライダーと多くのレジャー施設が点在します。また、道の駅に隣接する『あさぎりフードパーク』内には、日本でも珍しい国内6番目の日本ドローン協会公認飛行場『富士山スカイグランド』があり、フライトスクールも開かれています。そして、湖畔にある『休暇村 富士』前の展望デッキから「ダイヤモンド富士」を撮影できるスポットとして有名な人造湖『田貫湖(たぬきこ)』もあります。

さて、充電スタンドですが、国立公園内に設置ということで、充電器本体やサインのカラーが通常のブルーと異なり、見つけにくいかもしれませんが、障害者用駐車スペース横に設置してありますのでご利用ください。また、『道の駅 朝霧高原』ホームページの「施設案内」では、ご利用方法もご紹介いただいていますのでご参照ください。

これからの季節、富士の雄大な自然の中をクリーンなEV・PHVでドライブされる方は、こちらの充電スポットをご利用ください。

 

道の駅 朝霧高原
【場所】静岡県富士宮市根原字宝山492-14
【営業時間】
[売店・アイス工房]8:00~17:00
[食堂(レストラン)]8:00~17:00(ラストオーダー16:30)
※都合によりオーダーストップの時間が変わる場合があります。
※天候により時間の変更がございます。
※充電器は24時間ご利用いただけます。
【定休日】年末年始 ※充電スタンドは年中無休です。
【ホームページ】http://www.asagiri-kogen.com/


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい