【充電スタンド情報】道の駅 黒之瀬戸だんだん市場(鹿児島県出水郡)


今回ご紹介する充電スポットは『道の駅 黒之瀬戸だんだん市場』です。先週ご紹介した『道の駅 長島』と同じ、鹿児島県出水郡(いずみぐん)長島町の国道389号沿いにあり、熊本県天草地方と鹿児島県本土を結ぶ交通の要衝で長島町の玄関口。「日本三大急潮」のひとつにも数えられる「黒之瀬戸海峡」を眼下に見下ろす景勝地でもあります。その海峡に架かるのが、1974年に完成した『黒之瀬戸大橋』。お隣の「阿久根市」とをつなぐ橋で、全長は502m、自動車やバイクだけでなく歩道もありますので、干潮時には渦潮を見ることが出来ます。

南九州自動車道「阿久根北IC」から国道389号線を車で約10分と好立地の『道の駅 黒之瀬戸だんだん市場』では、水産物や加工品、農産物が所狭しと並びます。生簀(いけす)が設置され、長島近海で育った養殖のぶり等、新鮮な海の幸を販売。また、地元の物産が豊富。長島の特産品で「鹿児島ブランド」にも指定される『赤土馬鈴薯』をはじめ、「島ミカン」などの柑橘類や芋焼酎など、ショッピングが楽しめます。また、イートインスペースもありますので、休憩がてら地元食材の味見も出来ます!

また、道の駅の東側、少し上がったところには『うずしおパーク』という展望公園が隣接。天気の良い日に、ここから黒之瀬戸海峡と大橋を望む眺めは絶景です。1日に4回ほど渦潮も見ることが出来るそうです。また「黒之瀬戸」は、「薩摩の隼人の瀬戸」として古の歌人たちにも詠まれた場所。新元号「令和」の出展でも有名な『万葉集』南限の地で、『大伴旅人(おおとも の たびと)』などの歌人が詠んだ歌が歌碑になっています。そして、この道の駅にも『道の駅 長島』と同様に地元の竹で作られたオブジェが!特に目についたのが「良縁熊(りょうえんぐま)」。良い縁に恵まれますように!

さて、エネショップ充電スタンドは、背中合わせに2基設置なので、充電渋滞も少なく、鹿児島方面に向かわれるEVの方は、ここでの充電をおすすめします。

ドライブ途中の休憩やお土産探しに、『道の駅 黒之瀬戸だんだん市場』へ、ぜひお越しください。

 

道の駅 黒之瀬戸だんだん市場
【場所】鹿児島県出水郡長島町山門野4093
【営業時間】9:00~18:00
※充電器は24時間ご利用いただけます。
※EV充電器は年中無休です。
【ホームページ】http://nagashimabussan.ec-net.jp/dandanichiba.html


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい