【充電スタンド運用開始情報】道の駅 瀞峡街道 熊野川


今回は、2018年3月15日に充電スタンドの運用を開始した「道の駅 瀞峡街道 熊野川」をご紹介します。

道の駅 瀞峡街道 熊野川は、和歌山県東南部で三重県との県境にある新宮市熊野川町にある道の駅で、新宮市内から国道168号線で約30分のところにあります。

瀞峡(どろきょう)とは、吉野熊野国立公園内の、奈良県・三重県・和歌山県にまたがる国特別名勝の大峡谷を指し、熊野川(新宮川)の下流の下瀞は巨岩・奇岩が並び荘厳で美しく、「瀞八丁(どろはっちょう)」と呼ばれます。

熊野川は2004年7月に世界遺産となった「紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)」のうち、熊野三山への重要な参詣道のひとつで、中辺路(田辺から山中にわけ入り、熊野本宮大社へと向かう)ルートは中世までは上皇や貴族をはじめ多くの人々が利用したメインルートで、熊野本宮大社参拝後は熊野川を舟で新宮に下り、熊野速玉大社へ参拝し、同じルートを遡上して都へ戻る要所であり、現代ではそのルートを川舟下りやカヌーの聖地などレジャーとして観光客に人気があるスポットです。

熊野川沿いの国道168号線の一部のガードレールは、景観を損なわないように茶色に塗られており、充電スタンドも同じようになっています。

充電スタンド情報

道の駅 瀞峡街道 熊野川
【場所】和歌山県新宮市熊野川町田長47番地
【TEL】0735-44-0356(林業総合センター)
【営業時間】8:30~17:00 ※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用可能です
【休館日】なし
【ホームページ】http://www.kumano-yorimichi.com/area5/dorokyokaido.html


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい