Hybrid・PHEV・EV・FCVの違いとは?車の基本


Hybrid(ハイブリッド)、PHEV/PHV、EV、FCVと、昨今さまざまな車が登場しておりますが、今回はそれぞれの違いについてご紹介します。

Hybrid(ハイブリッドカー)

ハイブリッドカーといえば、トヨタ自動車のプリウスに代表される低燃費自動車ですが、ハイブリッドカーとは一般的にエンジンとモーターの2つの動力源のものを指し、HEV(Hybrid Electric Vehicle)と略されることもあります。

ガソリンを燃焼させてエンジンを回転させ、その運動エネルギーで発電機により発電を行い、バッテリーを介してモーターを回転させるのが基本的な動作となります。

日産自動車のe-powerはシリーズ方式と呼ばれ、エンジンを発電のみに利用し、発電された電力と回生ブレーキによってバッテリーへ蓄電された電力を使い、モーターを回転させて車輪を動かす構造となっています。モーターの能力が走行性能を決めるので、比較的大きなトルクを得られやすく、爽快な走りを感じますが、燃費はそこまで良くないことが多いです。

一方、プリウスはエンジンからとモーターからの動力を状況に応じて発電と走行に振り分けているため、アイドル運転~低速運転~高速運転と常に最適な動力を選択しているので、低燃費で走り続けられるのが特長ですが、シリーズ方式に比べて、それぞれの動力が持っているトルクが弱いので、高速走行時は物足りなさを感じる事も多いです。

PHEV/PHV(プラグインハイブリッドカー)

プラグインハイブリッドカーといえば、三菱自動車のアウトランダーやトヨタ自動車の新型プリウスに代表される車輌で、コンセントやEV(電気自動車)用充電スタンドからバッテリーへ充電できるタイプのハイブリッドカーを指します。

通常のハイブリッドカーよりもバッテリーの搭載容量が多いので、短距離であればほとんどEV(電気自動車)と同じです。電気が無くなったら、エンジンによる長距離運転が可能になるのが最大のメリットです。

なぜ、EV要素が強いプラグインハイブリッドが出たのかというと、エネルギー効率はガソリン車よりEVの方が圧倒的に良いためです。電気代の方が走行距離に対して燃料代よりも安く済むので、2つのエコ(エコロジー・エコノミー)であるのが特長ですが、ハイブリッドの要素とEVの要素が混在しているため、車輌のお値段も少々高いのがデメリットです。

EV(電気自動車)

電気自動車といえば、日産自動車のリーフに代表される車輌ですが、PHEV/PHVと同様にコンセントやEV用充電スタンドからの電力を搭載している大型バッテリーへ充電し、そこからの電力のみでモーターを回転させるシンプルな構造が特長です。

バッテリーにより低重心で、モーターのトルクが大きいので、ガソリン車に比べ加速度(レスポンス)が良く、スポーツカーのような走り心地を得られますが、高速走行をすると電気消費が大きいので走行距離が短く、バッテリー容量以上には走行できないので、走行距離が短いのが難点です。

長距離を走るテスラ等は高額で納期も不安定ですが、新型リーフでも300km近くは走行できるようになり、大多数のドライバーが走行する距離は持ちこたえられるようになってきています。

将来的には、バッテリーのさらなるコストダウンと高性能化によって、ハイブリッドカー並みになる可能性があり、使用済みのバッテリーは、再生可能エネルギーの不安定な出力を吸収する役目も期待できます。

FCV(燃料電池自動車)

燃料電池自動車とは、トヨタ自動車のMIRAI(ミライ)に代表される車輌で、自動車内に高圧の水素タンクを保有しており、燃料電池によって水素と酸素を化学反応させた際に発生する電力のみで走行する次世代のエコカーですが、水素スタンドインフラが高額で満足に整っておらず、車輌本体もまだ高いのがデメリットです。日本の技術力が最も強みとなるだけに、普及を加速させたい分野ですが、なかなか難しいところです。

 


 

この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい