【公共施設へのカーポートソーラー無償設置プロジェクト】みやき町北茂安武道館(佐賀県)& 糸田町多目的施設(福岡県)


公共施設へのカーポートソーラー無償設置プロジェクトとは?

株式会社NTTスマイルエナジー※ と ファブスコ が協働で行っている、太陽光発電の無償導入支援事業のこと。
※NTT西日本及びオムロンにより設立された企業で、太陽光発電・低圧の遠隔監視シェアNo.1企業

▼『ジチタイワークス 第2号』<2018年6月発行> ダウンロードはこちら

【メリット】

  • 災害時の非常用電源を確保できる。
  • 地域内に再生可能エネルギーを普及・拡大できる。
  • 税収や賃料収入の増加 ・雨・日除け。住民の利便性が向上する。(特に車いすなど身障者の方に喜ばれています)
  • 10年後にはカーポートソーラーを無償で譲渡。(電気料金削減に寄与)

 

みやき町北茂安武道館(佐賀県三養基郡みやき町)

佐賀県三養基郡みやき町は、県東部に位置しており鳥栖市、吉野ヶ里町や福岡県久留米市などに隣接しており、三養基郡(みやきぐん)とは、合併前の三根郡(みねぐん)・養父郡(やぶぐん)・基肄郡(きいぐん)の頭文字をとったものであり、また、北茂安武道館とはみやき町に合併する前にあった、北茂安町(きたしげやすちょう)からきている。

※バルセロナオリンピックの柔道で金メダルに輝いた、古賀稔彦氏は北茂安町の出身である。

 

糸田町多目的施設(福岡県田川郡糸田町)

福岡県田川郡糸田町は、県中央部に位置しており、弊社が設置・運営をしている電気自動車用充電スタンドでも、常に上位の利用回数を誇る『道の駅 いとだ』が筑豊地方の玄関口として観光交流の中心地でもある。1500年ほど昔、天智天皇が水不足を救うために祈祷をしたところ、神泉を掘り当て湧き出し、豊作が続いていることから「いとよき田」と呼ばれていたのが、いつの間にか「いと田」になったことから現在の糸田という名前になったという伝説が残るところです。

また、こちらの糸田町多目的施設『いとよーきた』は、日本初の公共施設を『オープンシステム』という手法で建設された施設とのことです。

※糸田町は井上陽水が幼少期から上京までの間を過ごしたところである。
※『オープンシステム』については、『+M(プラスエム)設計』様のサイトにある「マンガ」で分かりやすくご紹介されています。
  URL:https://plus-mp-iizuka.com/open_system_comic/

 

今回は、本プロジェクトで新たに設置された施設をご紹介しました。まだまだ設置は加速していきますので、今後もご紹介していきます。

 


この記事のタイトルとURLをクリップボードにコピーできます。ご自由にお使いください!

記事のタイトルとURLをコピーする


あわせて読みたい